副作用

レビトラやシアリスと比較して、バイアグラは副作用が起こりやすいのでしょうか。この問いに対する答えですが、バイアグラは副作用が引き起こされやすい医薬品といわざるを得ません。

バイアグラの副作用としては、顔面のほてり、目の充血、鼻詰まり、頭痛、動悸といった症状が起こります。

 

そしてこうした副作用は9割以上の人に出るとされています。バイアグラを服用するにあたり、副作用は避けて通ることができないものと思っておいたほうが良いでしょう。なお、副作用は作用がなくなるのと一緒に消失されてしまうのが基本です。

これに対し、レビトラやシアリスの副作用はどうなのでしょうか。レビトラの場合、バイアグラと同じように9割以上の人に副作用が起こります。症状も共通していて、顔面のほてり、目の充血、鼻詰まり、頭痛、動悸などの副作用があります。

 

シアリスはバイアグラやレビトラと比較して副作用が弱いのが特徴です。作用がおだやかで長いということもあり、副作用も弱いのです。具体的な症状としては頭痛、鼻詰まり、潮紅、ほてり、消化不良、手足の痛みなどが起こります。バイアグラやレビトラは9割以上の人に副作用が起こりますが、シアリスは3割ほどの人にしか起こりません。